人工密度の高い地域を選んで一棟売りマンションを購入しよう

合理的なマンション経営

書類とハンコ

郊外の賃貸経営

都市部の不動産価格が高騰する中で、郊外でマンション経営を始めるのが新たなトレンドです。物件価格が割安なメリットを生かして、3億円程度の予算で一棟売りマンションを購入する個人が増加傾向です。大都市中心部と比べると高い利回りが期待できるので、質の高い物件でも5パーセント以上の実収入が得られるでしょう。またオーナーチェンジの一棟売りマンションを積極的に購入することが、不動産経営事業の拡大の一番の秘訣です。不動産融資に積極的な銀行も増えているので、極力低い金利で長期間の融資を受けることが賃貸経営成功のポイントです。物件を探すときには、投資家のサポートを丁寧に行う不動産会社を利用して、ニーズに合った一棟売りマンションを紹介してもらうべきです。

注目される運営方法

時代の変化に伴って賃貸マンションへの需要が変わるので、賃貸経営では柔軟な運営方針を持つことが重要です。最近ではペットを飼育する家庭が増えているので、犬や猫の飼育が可能な物件を増やすのが理想的な運営スタイルです。家賃の水準は地域の需給関係で決まるので、空室が増えたときには賃料の値下げなどの条件の見直しが効果的です。長期保有が賃貸経営の基本ですが、良い条件で売却できるときには、素早い決断で手持ちの一棟売りマンションを売却するのが賢い戦略です。物件の入れ替えによって新しいマンションを中心に保有することが、資産価値を高めるための鉄則です。築年数の平均を10年以下にすることで、万が一に備えて流動性も高められるでしょう。