人工密度の高い地域を選んで一棟売りマンションを購入しよう

一棟売り物件のメリット

内観

一棟売りマンションは価格の高さにも関わらず、高い人気を得ています。その理由として、空室リスクが低いことが挙げられます。また、区分所有するマンションよりもトータル的な価格は安くなります。まず空室リスクですが、区分所有の場合には賃借人が入るか否か、その二択になります。つまり、家賃が入るのか否かで負担するローン返済は大きく異なります。一方の一棟売りマンションならば、全ての部屋が空室となることはまず無いので、リスクは軽減されることになります。また購入金額ですが、区分マンションを複数購入するよりも手間も諸費用も抑えることができます。そして何より管理を一括して行えるので、オーナーとしての負担はかなり軽減されます。

一棟売りマンションを購入するにあたり、まず新築か中古かの選択肢があります。新築で注意する点は、賃借人をゼロから集めるということです。その手間暇はかなり必要となります。中古の場合にはすでに賃借人がついているので、すぐに収入を得ることができます。また、新築の一棟売りマンションは当初の利回りを維持することが難しい点にも注意が必要です。中古マンションとして新たに賃借人募集をする場合、家賃が下がることもあります。そのために、ローン返済の計算では家賃設定は低めにしておく必要があります。また資産価値の下り具合も、新築は大きいことも想定することが大事です。新築と築1年では、かなり売却価格にはかなり違いが生じます。